「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

思い その56「経営者の夢は 社員の悪夢」


考える 今でもこの言葉って通用するのでしょうか? 「経営者の夢は 社員の悪夢」って。昔、私の仕事歴の中では数年しかない給料貰い生活をしていた時に、ファミレスでビールを飲みながら朝の始発電車の時間を待っている時に、同僚と嘆きながらよく使った言葉ですけど。社長が急に妙な事業展開に興味を示し、そのための会議用資料を振られて、連夜の深夜作業で疲弊しきるなんて、珍しくもなかったですね。実名を挙げてもいいですけど、誰でもが(悪い意味で)名前を知っている大手企業の子会社にいた時です。余談ですけど、最初は契約でやっていたのですが、予算を扱う必要が出てきたので、そこでは正社員にされてしまいました。私は契約の方が良かったのですけど…。まあ、結果的には親会社に整理されてしまったからどうでもいいですけど。それにしても、何やっても失敗する企業でしたなあ。

昨今の企業の不祥事や、お粗末な経営手腕の結果を見ていると、この国の人材は枯渇してしまったのか、「ピーターの法則(補足説明※11)」通りになってしまったのか、どちらなんだろうと考え込んでしまいます。まあ、いずれにしてもそれは急に起こったことではなく、バブルの前辺りから進行していた「経営脳の硬直化」の帰結であろうと思います。仕事柄色々な企業に入り込みますので、比較ができるのですが、A社の幹部をB社の幹部と入れ替えても大して何も変わらないような光景が常でしたね。ハッキリ言って、部下に何か命じてはいますが、その根拠や狙いがよく分からない場合が多かった。まあ、正直、非難覚悟で言えば「ほぼボンクラ」もいました。それに振り回される部下には同情もしましたが、その部下が将来は同じことをやるんだろうな、と思うとバカバカしくて、まるでエッシャーの絵(エッシャー、失礼)を見ているような気分でした。永遠のループ、閉鎖回路、繰り返し…。

個人的な事例で恐縮ですが、ある押しも押されぬ大企業の幹部候補クラスの方と将来的な事業提携についてサシで話をする機会がありましたが、どうにも話がうまく進まず、とりあえず会社に戻ると、社長に呼ばれて、先方から「向こうが、お前の話は、サッパリ分からないと電話があった」と睨まれたので、「そういうことはシャンシャン早い方ですね(オカーチャンに言うような真似せずに直接言えよ)」と大笑いしたくなるのを我慢して「しかし、そりゃそうでしょ。私も向こうの言ってること、サッパリ分からなかった」とお答えしました。その幹部候補の方、私と大学は同じで、大学が同じだからオツムの程度が同じかどうかは分かりませんがそれほどの大差はないでしょう。その大企業、その後、傾いて社会問題になりました。そんな、企業ばっかりですよ。

しかし、その程度の者が幹部になって経営者として事業を牽引するとなると、まあ、会議などでは「夢」なんかを宣うのでしょうけど、そこの社員にとってはおそらく「悪夢」でしょうなあ。多分その「夢」は「業績が伸びて金が儲かる」という成果だけを求める、布団の中で見ているようなものでしょうから。日本の会社の「個人生産率」が国際的にも低い(世界で27位だとか…)のは周知の事実ですけど、そりゃそうでしょうねえ、右往左往の「悪夢」に翻弄されていますから。

ちなみに、今や「ブラック企業」という言葉は定着していますが、私はその昔、医者から「突然死の典型的状態」と2度ほど言われたことがあります。医者嫌いの私ですが、頭の中のフラフラが止まらないのはどうしようもないので仕方なく医者に行くとそう言われました。本人にはそれほどの重篤感が無いのですが、まあ、夜中の2時3時までほとんど毎日仕事やっているとそうなりますわなあ。え? 何の仕事かって? ハイ、(くだらん)会議の資料作りです。私、PCの操作が早くて、資料作るのに慣れているので、いまだによくやらされます(今はフリーランスなので、外注ね。向こうの社内で作れないみたい)。医者が言うには、仕事で長時間の負荷がかかるとランナーズハイみたいなのが起きて、疲れとか感じなくなるけど体はボロボロだそうで。皆さん、ご用心。

世の中には「36協定(補足説明※53)」なる、労働者保護の「時間外・休日労働に関する協定届」がありますが、こんなもの、屁みたいなものですわな、経営者にとって。経営者の本当の「夢」ってのは、社会的なプレゼンスを示すことでもなく、ましては社会の役に立つことでもなく、自分の取り分が上がり、そのためには安い給料で文句を言わず働く社員がたくさんいることですかね。その「悪夢」の中にいる社員も、いずれは上の方で同じような「夢」が見られる可能性もあるので、まあ、チャラということでしょう。

しかしまあ、鶴田浩二に化けて出ていただいて歌ってもらいましょうか。「バカとアホウの絡み合い♪」。「夢」と「悪夢」の千鳥模様はループとなって続く。思い切って、そこから抜け出しませんか?

「思い徒然」編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.