「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

思い その54「スマホ世代はITネイティブ? ちょっと待った、異論あり!」


考える 過日、そのニュースを何で見たのかは忘れました。新聞だったのか、テレビだったのか、WEBの記事だったのか…。その時は、「ふーん…、そうかねえ」なんて、反論したいとも思わない程度の「くだらんことを…」ってな気分でしたが、それに近いことを、これは某テレビのニュース(最近テレビはスポーツとニュースくらいしか見ない)でまたまた「今の子供は生まれた時からスマホを知っているから、この世代はITネイティブであり、世の中は…」的な能書きを大脳も使わずに反射神経的、棒読み的に司会者(?)がおっしゃっているのを聞いて、「アホなことを、また」と思ってしまい、そうなると反論したくなってきました。てか、「その言に、異論あり!」、って気分になります。

なるほど、確かに炊飯器や冷蔵庫と同じように、生まれた時からその景色の中にスマホなるものがあることは事実でしょ。しかし、それを以て「ITネイティブ」とはこれ如何に? そもそも「ネイティブ」とは何を指して言っているのでしょうか。通常「ネイティブ」と聞けば、英語にしても何語にしても、その言葉を母国語に持つ人たちのことをまず思い浮かべます。日本人は日本語のネイティブです。それだけの事。特殊な能力でも何でもない。イヌも猫もワンとニャンがネイティブ。で、二つほど疑問が生まれます。「ITネイティブって、何?」で、「それがどうしたの?」。

別に殊更イチャモンを付けたいようなことではないのですけど、意味もないことをさも意味がありそうに「語る」のを聞くと、オヤジの頭に????が満ちてきます。昔から使われている言葉で「ユビキタス(ubiquitous)」ってのがありますが、これは「いつでもどこでも、特に意識することなく、ある(存在する)」って意味で、語源はラテン語らしく「偏在」という、もとは「神」の存在を表す言葉であったようです。そこから転じて、コンピュータの普及によりインターネットでまさにあらゆるものが「ユビキタス」となり、どこでもいつでも「情報」が得られることが当たり前の社会になっている、そんな社会を当然のごとく享受している様を「ITネイティブ」と定義するなら、まあ妥当な線でしょう。

しかーし! 「それが、どうしたの!」ってことになると、「ITネイティブ」だから、「何ができるの?」「何に価値があるの?」ってことが無ければ、「イワシの頭も信心から」ってのと殆ど同じことでしょ(何のこっちゃ…)。オヤジの頭には「ITネイティブだから、どうしたって? 空でも飛ぶのか?」と突っ込みたくなるのです。万事がそうだと思うのですが、「何々が凄い!」って表現が多すぎますね。「なぜ凄いのか」を説明もできないし、理解もできないから「凄い!」なんて、ただの意味なし感嘆符みたいな言葉で片付けているだけではないでしょうか。

まあ、これ以上言葉を重ねると、オヤジのネチネチした愚痴なんて片付けられそうなので、「異論あり!」と手を上げた理由を書きます。これって、カマドでご飯を炊いていたのが、電気炊飯器でご飯を炊いている風景に変わっただけで、でき上がるのは同じ「ご飯」でしょ。情報というのも、変わるとすれば「量」でしょうが、質的に何か変わるわけでも無し、情報は情報。ただ、「量」が変われば「嘘・偽の情報」も相対的に増えます。で、それを判別する力は「人間」にあるわけでITなるものにはありません。人工知能(AI)があるなんて突っ込まないでください。「シンギュラリティ(Singularity:補足説明※52)」ってな「(技術的)特異点」というのは本件とは別の、桁の違うテーマです。

速い話、「ITネイティブ」とやらは「情報消費者」に過ぎないと言いたいのです。スマホを買って通信して、検索して、年中画面を見ているから頚椎障害を起こす人が増えて、駅のプラットホームから落ちる人が増えて(落ちるときは一人で落ちてね。人を巻き添えにしないように)、スマホを見ながら自転車や自動車を運転する特技の持ち主が増えて(自爆専門でお願いします)、何か特別なものを「ITネイティブ」が生み出すって、あるのでしょうか。「新しい消費のマーケット」くらいは分かりますけど。

つまり、「消費者が増える」だけで「創造者が増える」訳ではないのですよ。お道具が違うから。おそらく、当然の帰結として、PCに関するリタラシーが下がって、オペレーション能力もけっこう下がるんじゃないですか(PCを使いこなせない若い世代が増えたとかって聞きます)。ということは、「創る」側が相当に弱体化することが予測できます。スマホは「創る」道具じゃありませんから。消費が増えてマーケットが広がるという能天気な経済優先的幸福主義は、グローバリズムとやらでもう分かったでしょ。サービスを消費する側ばかりが増えると、そこにサービスを供給する側が疲弊し、混乱するって図式を。だからね、「ITネイティブ」なんて「ダルマサンガコロンダ」的な言葉を適当に大脳スッ飛ばして延髄から垂れ流しているようなものだから、もう止めましょうよ。「考える力と語彙力」が弱体化したマスコミさん。

「思い徒然」編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.