「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

「怖い」を考える編 目次


「怖い」を考える編
●その1「何故、墓場を怖いと感じるのでしょうか」
●その2「腰が抜ける、って、経験した事ありますか?」
●その3「心霊写真 何で怖いのか?」
●その4「人が一番怖いもの それは窓…」
●その5「生霊というものの怖さ… 聞いた話ですが…」
●その6「お岩さんのお墓は四谷にはありません」
●その7「何でもない早朝の景色なのですが…」
●その8「幽霊だらけの家で、一人住まいだそうです…」
●その9「知り合いから聞いた話ですが、子供の幽霊…」
●その10「幽霊? 夜に出て来るだけじゃないのか…」
●その11「通夜の夜、叔母の棺桶からブツブツと声が…」
●その12「それ以来一度も行っていません 真夜中の神社」
●その13「焼却炉から赤ん坊の骨… そして、泣き声…①」
●その14「焼却炉から赤ん坊の骨… そして、泣き声…②」
●その15「田舎伝説? ミイラがあるという山の廃屋」
●その16「続・田舎伝説? 人の幽霊は出ませんでしたが…」
●その17「夜の河川敷で突然の水音… 巨鯉、それとも…」
●その18「幽霊・霊に遭う方法 こうしてみれば…」
●その19「コックリさんや降霊会は危険です 止めましょう」
●その20「何故か、引っ越しが多いマンションの一室…」
●その21「人から聞いた話ですが、何故か、かなり怖かった」
●その22「電車の中や、駅のホームで突然妙な違和感が…」
●その23「生きている人間の方が、恐い? 怖い?」
●その24「結局、分からない、理解できない、だから怖い…①」
●その25「結局、分からない、理解できない、だから怖い…②」
●その26「地獄絵図 創作した人間の方が怖い…」
●その27「学校の花子さん 会社の太郎くん…」
●その28「死に逝く者は、連れを欲しがる…、らしい…」
●その29「誰かが背中にしがみついていたけど、誰…?」
●その30「押入れの奥に人の顔! 昼間で良かった…」
●その31「分からないから怖い 同時に好奇心も湧き上がる」
●その32「そこを通る時 何故かゾッとする 都会の裏道」
●その33「夜中でも昼間でも 家の中で聞こえる妙な物音…」
●その34「猫は可愛いのですけど…」
●その35「出たそうです… しかも5人一緒に見たとか」
●その36「怖い絵本が売れているそうです という事は…」
●その37「日常の異化か… かつての少女恐怖漫画ブーム」
●その38「もし、怖いという感情を無くしたとしたら…」
●その39「なぜ高い所が怖いのか… そこに何がいるのか」
●その40「初めて、人の死体を目にした時…」
●その41「素潜りでアワビの密漁… その岩陰に…」
●その42「夜中に家の襖がガタガタと… 誰…?」
●その43「霊は実体化するのか、脳が見るのか…」
●その44「今、顔を触ったのは何…? 誰…?」
●その45「思い出せない記憶 思い出してはいけない記憶が騒ぐのか」
●その46「ガラス戸の向こうをフワリと白い何かが…」
●その47「真夜中に飛ぶ鳥? いまだに出会う半透明の卵型のもの」
●その48「自分は正気を保っていると言いきれますか?」
●その49「必ず会いに来るから、と言われたら丁寧にお断りした方が…」
●その50「屋根裏には何がある… 何がいる…」
●その51「夜の海には、何かが蠢いている…」
●その52「棺桶は何故”桶”なのか… で、土饅頭という言葉をご存知ですか?」
●その53「幽霊はそこにいます 科学的に証明も否定もできない存在…」
●その54「今、カーテンを開けたのは誰…? 不可解な音たち」
●その55「見てはいけないものが見えるとき 遥か遠くに浮かぶ鬼火…」
●その56「憑いてる? 憑いてない? 人間と自然の関係 妖怪」
●その57「猫を殺す者たち 命に対しての畏れ無き痩せた心…」
●その58「街に並ぶ墓標… その中に眠るのは…」
●その59「南の海を風の如く流れる唄に込められた意味… 島唄」
●その60「インターネットを流れる、人の肉体を失った感情…」
●その61「怖さの中で 怖さを知らず 怖さを忘れる その怖さ」
●その62「居酒屋での話題にもならない怖さ… 何が怖いか言えないから」
●その63「深い森の奥には… 異界へのチャネル」
●その64「幽霊より生きた人間の方が怖い この出来損ないの生き物」
●その65「知らぬ間に、『生き急いで』いませんか…」
●その66「怖い絵展が人気 そもそも人の世は残酷で怖いもの」
●その67「天安門事件 問題は犠牲の数か! 人の尊厳も個もそこにはない」
●その68「交通事故死者 数字は減ったが、命への感受性は…」
●その69「寿命 最期を迎える時 そこにある想いは…」
●その70「もう引き返せない 車が支え、壊れていく生活」
●その71「また出ました 白いものがフワリと この家には何かいる」

トップページへ




【商品情報】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.