「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

怖い その76「自分の心の深淵にあるもの… 見てみたいような…」


深淵 イメージ最近、よく夢を見ます。まあ、レム睡眠(急速眼球運動睡眠:Rapid eye movement sleep)がある以上、夢を見ないということは無いようですが、要は起きた時に「それを覚えているか覚えていないか」という事でしょう。しかし、身体は休息状態(睡眠状態:運動機能が遮断されている状態)にありながら、大脳が活動して覚醒状態にある時、なんで目玉だけが忙しく動くのでしょうか。その時に人は夢を見るようです。睡眠中に目玉は何かを見て、忙しく動くのでしょうか。その逆はノンレム睡眠(徐波睡眠:じょはすいみん:Non-REM sleep)。急速眼球運動のない状態です。

で、夢といっても、すき焼きを喰いに行って、家人が肉ばかり食うので文句を言っているといったような他愛もない(どうでもいい)ようなものから、見たこともない街で暮らし、会ったこともない人たちと接しているのに、自分はそこに以前からいたような感覚を覚える夢とか、誰もいない広大な墓地を一人歩いているという、ちょっと怖い夢などです。どうしてそのような夢を見るのかなんてのは考えないようにしています。確かに、夢は「自分の中にある記憶の再構成」であると考えていますが、「何故」という問いに答えられるようなものではないでしょう。別次元からのチャネルによって送られる情報・記憶も影響するなんて説もありますけど、いずれにしても寝ている頭の中の事ですから、特段に「意味性」なんてのは考えません。

「夢判断」や「夢占い」なんてものも、否定はしませんけど、興味の対象外です。夢は寝ている時の脳によって記憶されているものでしょうから、それが起きてから(覚醒して)思い出すわけで、その時に再編集されないとも限りません(そう言いう説がある)。ですから、夢を深読みすることはありません。理由は、いくらでも恣意的に解釈できて、キリがないからです。

そんな個人的な能書きはともかくとして、そうはいっても、多少は「何であんな夢を見るのかなあ…」なんてことは考えます。今回も、「誰もいない夜の街の中で飲料の自動販売機を独り捜し歩いていて、どこにも自動販売機が見つからない」なんてちょっとシュールな夢を見ましたけど、その意味性は置いといて、ある本で読んだ言葉をふと思いだしました。それは、小林秀雄の「モオツァルト・無常という事」の中で出会った「一体、誰がその自らの心の深淵を覗いたことがあるだろうか」(確かこんな表現)という言葉です。本は書棚のどこかにあると思うのですが、わざわざ引っ張り出してもう一度その前後を読みたいとは思いません。唯その言葉が、ふと思い出されたというだけの事なのです。

若い頃にその言葉を目にした時、正直言って「自らの心の深淵(奥底)」なるものをどのように理解、というか、イメージしてよいのやら戸惑った記憶があります。小林秀雄の読後感というのは、泥地に大きな岩がゴロゴロしている場所を、泥に浸かったり岩に昇ったりしてウロウロしているような感じです。それが、よく言われる、彼の「二分法」的な表現ゆえだとは思いませんけど、まあ「こうなのである」という言い切った鉄板的な表現の合間に、どうとでも深読みのできる表現が「不親切」とでも言いたくなるくらいに転がっているからでしょうか。変な表現で失礼。

話を元に戻しますが、「心の深淵」なるものへアプローチする方法があるとすれば、「夢」か「瞑想」、もしくは「催眠術」のようなものでしょうか。それは明確に捉えきれるものなのでしょうか。表現は悪いのですけど、「心の深淵」なんてのは、庭の石を転がした時に、その下に見える景色のような気がして、ちょっと…、ですね。人の心の中には何が入っているか分かりませんから。それと、面白い説として「宇宙の誕生からその終焉まで」、「生命の誕生からその終焉まで」が全て共有して記憶されている、なんてのもありますが、それは意外と否定しきれないものかもしれません。ビッグバン理論が正しければ、全ての人間は点ほどの特異点に存在し、そこから生まれてきた星々の欠片(物質)で出来上がっている訳ですから、もともと全ては一緒と考えられますので。

話が元に戻り切っていないので、もう一度元に戻します。人の頭の中で作られる「夢」なるものが、その宇宙の記憶を全て包含しているのなら、人の心とは無限といってもいいほどの「記憶」の塊と考えられます。個々に散らばってしまい、つまりは個体となって「個体差」が生まれているでしょうが、あくまでも同質であると考えれば、少々、私的な宗旨替え(夢の意味性を考える)を一時的・実験的に行って考えてみるのも一興。「夢」に「心の深淵」なるものの欠片、片鱗が含まれ、それが現れるとすれば、それは広大無辺で、「脈絡」や「(その人にとっての)整合性」などないという点においては腑に落ちます。そこには「善と悪」「美と醜」「天国と地獄」のようなあらゆる二元的な世界は存在せず、人の価値観など及ばない、宇宙の「原始的な意識」が存在しているのでしょうか…。

ここまで考えてみて、この記事は「不思議」の編の方が馴染むかと思い始めましたけど、今少し「原始的な意識」なるものを考えていると、何やらゾッとするような感覚を覚えるので、やはり「怖い」というジャンルに入るのかと、思います。ちょっと話を高尚にすれば、この「原始的な意識」とはいわゆる「神」と呼ぶものなのでしょうか。いや、それは「人」へと直截つながっているものですから、「霊」と呼ぶべきものなのでは…。であれば、それは人の心の中で今も蠢き、その記憶の中にあって、時として「夢」の中にこぼれ出てくるものなのでしょうか。

全ての人の心の中にはこの「霊」が蠢き、時には場所を選ばず現れ、人が肉体の動きを遮断している時、脳の中で蠢き始め、激しく目を動かさせるのでしょうか。前述したように、「夢」は起きた後の意識で具体的な形に編集されるものであれば、寝ている時に見ているものは…。何でしょうか…。そこにあるのは優れて「一元的」な世界であり、アニメの「鋼の錬金術師」に出てくる「真理の扉」の向こう側のようなものが「心の深淵」の姿なのでしょうか。見てみたいような、見たくもないような…。

ハイ、確かめようがありません。

「怖い」を考える編 目次へ



【商品検索】

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.