「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

怖い その41「素潜りでアワビの密漁… その岩陰に…」


岩礁生まれ育ったのが瀬戸内海沿岸の某地方都市。子供のころから、海に潜ったり泳いだりするのは得意でした。オヤジになった今でも海で遊んでいます。専ら、船釣りですけど。

子供の頃は浜や波止からの投げ釣り、汽水域でのハゼ釣り。海に潜るのも楽しかった。しかし、大人になってその素潜りを楽しめなくなってしまいました。理由は、某所で少々怖い思いをしたもので…。

場所は言えませんが、山を一つ越えて行くような海岸です。当然、釣りをすれば魚影も濃く、岩礁にはアワビや、トコブシ。バイ貝などはバケツ一杯採れます。その時は海水浴も兼ねて、素潜りでアワビを狙おうという事になりました。ポイントは沖、200mはある岩礁。アワビを剥がすタガ(金属製のヘラ)を持って、シュノーケリングで、いざ!

ちなみに、一般の人が来るような所ではなく、人影などありません。もうプライベートリゾートのような浜です。で、アワビ採りとなるとやはり、密猟になる可能性があります。近くの漁協がアワビの稚貝を撒いていたとしたら。

まあ、海で遊ぶ者にとって「海は誰のもの。皆のもの」という意識は強いのですが、遊びではなく、それで生きている漁師の漁業権なるものまでは無視できません。しかし、その一帯にその漁業権が及ぶのかどうか分かりませんから、警戒船(漁協の見回り船)が来たら、「へー、知らなかった」でバッくれようとタカをくくっていました。

シュノーケリングで沖の岩礁に向かうまで、海底の景色を楽しみます。魚が泳いでいるのを見るのは楽しいものです。釣りも楽しみたいのですけど、今日の狙いは、ア・ワ・ビ。

岩礁に到着しましたが、沖には少し波があって、岩礁の上には上がれません。フジツボが岩にビッシリで、下手に波で押されて岩肌に体が打ちつけられると大怪我間違いなしです。軍手をした手で岩肌を遠ざけながらアワビのいそうなポイントを探ります。ちなみに連れがいます。元水泳の選手で、泳ぎは当然上手い。一緒に潜っても、アッという間に体一つ半位引き離されます。

その連れと別々にポイントを探って潜ります。ウツボが怖いので、狙いの岩の隙間近くで一度、フィン(足ひれ)を振って、警戒します。ウツボは自分の巣である岩の隙間から1~2m位に近寄ってきたものに攻撃を加えます。本格的にアワビを採る人は、棒を突っ込んで、ウツボがいるかどうか確認するようです。とりあえずウツボが出てこないので、岩の隙間を覗き込みますが、アワビを見つけるのは至難の業。岩と見分けがつきにくい。やっとそれらしきものを見つけますが、息が続きません。で、海面に上がって、呼吸を整えますが、アワビがいたところに戻っても、もうそこにアワビはいません。

ご存知の人もいるでしょうが、あのアワビの逃げ足(?)は相当に早いのです。ですから、見つけたら一発でタガを打ち込んで引っぺがさないと、アワビは採れません。連れは私より息が続くので、手の平クラスのアワビをゲットしたようです。私もポイントを探し続けますが、まだ0。

で、何とか一つくらいはと思い、潜り続けます。連れと少々離れたところで潜って、水深は6~7m位の場所だったと思いますが、えぐられた岩の影に回った時、「それ」が見えたのです。

それは、横たわった人の顔…。

海の中で全身が総毛立ちました。体温が一瞬で0度へ。本当にそれが「人」なのかどうかを確かめる度胸なんてありません。もう、アワビどころではなく、離れた連れのいるところまでインターハイクラスのスピードで泳いで逃げました。

連れにその事を話すと、「見間違えだろ。岩はいろんな形に見えるから」とニベもなく、笑って終わり。確かにそうかもしれません。いや、そうに違いないと思おうとしました。しかし、あの鮮明な海底の景色が頭から離れません。戻って確かめてみるなど、ダメです。海の中に浸かっていることさえ怖くなっています。とはいえ、もし本当にそれが「人」だったら、警察に連絡しなければなりません。が、絶対にもう戻れません。

連れは「見間違いはよくあるよ」と云いますが、それでも「怖い」感情は拭い去れません。結局、もう、浜へ帰る事にしました。泳いでいる間中、恐怖感が全身にベッタリで、海の水が皮膚に当たっていること自体が怖くなるのです。もうどうしようもありません。

その後、また別の場所で素潜りをやる機会があったのですが、水に潜った途端、怖くなるのです。水が、なんか気持ち悪い…。それ以来、素潜りは楽しめなくなりました。シュノーケルやフィンなどは引っ越しの時に処分しました。

「見間違い」と云われても反論はできません。確認に戻ってもいませんから。一瞬の事です。
しかし、怖かった。今でも思い出すと怖い…。見間違いだろうとなんだろうと、海の底で「人の顔」を見るなんて、特上の「怖さ」です。

「怖い」を考える編 目次へ




★怖い その41「素潜りでアワビの密漁… その岩陰に…」
★不思議 その31「水滴が…? どこから?」
★不思議 その27「人が壁をすり抜ける確率は? 電子のトンネル効果」
★不思議 その45「目を閉じているのに、何か見える…」
★思い その35「傲慢症侯群 傲慢は人格障害の一種 何を今更」


■探し物は何ですか…? あの本ですか? カタログ気分で色々検索。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.