「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

補足説明※60「サイコパス」⇒補足説明※55の別版


補足 ■私が「サイコパス(Psychopath)」なる言葉を知ったのは比較的最近のアニメや漫画、映画などです。学生時代は心理学に興味を持って、専門ではないにしてもけっこう関連文献は読んだのですがこの言葉に出会った記憶はありません。ですから、どうも比較的最近のものであり、研究テーマであると思います。

■で、この「サイコパス(Psychopath)」を一言で言えば「精神病者」。なんともドンズバな呼称ですけど、これは「サイコパシー(精神病質:psychopathy)」という「反社会的人格」を意味する資質を持った者の事であり、異常心理学などで使われる用語だそうです。異常心理学は(オヤジが学生の頃)少し勉強しましたが、今とはどうも体系や呼称が少々違うみたいですね。まあ、分かりやすく言えば、「社会や他の者など、まったく意にも介しない性格の持ち主」ということで、それ自体は「精神異常」であるとか、「反社会」とは決めつけられないように思えますが、それが反社会的な行為、殺人や詐欺を犯した時に問題とされるのでしょう。

■極めて個人的なイメージなのですが、それは「猟奇的殺人」であったり「愉快犯」であったり、犯罪に走る動機が一般にも理解のできる「貧困・復習・怨恨・政治性」などとは全く縁がない「反社会的行為=犯罪」を起こす個体であると感じます。

■犯罪心理学者によれば、「サイコパス(Psychopath)」の特徴は以下のようなものだそうです。

・口達者で魅力的だといわれる
・自己中心的で自分には価値があると過信している
・退屈しやすい。フラストレーション耐性が低い
・平気でウソをついたり人を騙したりする
・ずるい。正直さが欠けている
・良心の呵責や罪悪感が欠けている
・情緒の深みがなく感情が浅薄
・無神経で共感性がない
・他人に寄生するような生活様式
・短気でコントロールができない
・性的関係の乱れ
・幼少期から行動上の問題があった
・現実的で長期的な計画が実行できない
・衝動性がある
・親として無責任な行動をとる
・何度も結婚や離婚を繰り返す
・少年時代から非行歴がある
・自分の行動に対して責任を取れない 等

一つ一つを独立してみると、普通の人にでも見られる特質のように思えます。

■一番の問題は「良心」なるものが無い、という点でしょうか。ここはまさに「反社会的」と言われるゆえんでしょう。「社会」とは人と人とのつながりであり「信頼」で成り立っていますが、ある人間に「良心が欠如」しているとしたら、その根幹である「信頼」が揺らぎます。「良心」を定義するとなると少々言葉の量を要するでしょうが、簡略化して「人を傷つけない」「人に対して思いやることができる」という事であるとすれば、その逆になりますから「人を平気で傷つけ」「人が苦しもうと何とも思わない」存在となります。

■で、厄介なのは、いわゆる「警戒色(例えば、毒蛇は派手な色、ヤクザは派手な服装)」の様なものが外見としてあればいいのですが、これが見た目には「分からない」というのが問題だそうです。つまり、けっこう頭が良くて、一見柔和に見える者にこうした資質を持つ者がいるようですから。サイコパス度が高い職業というのは次のようなものだそうです。

1.企業の最高経営責任者(CEO)
2.弁護士
3.報道関係(テレビ/ラジオ)
4.セールス
5.外科医

1は何となく理解できるように思えますけど、その他は…、困ったものです。

■このサイコパスは「脳内の器質的な障害」により起こるとされていますけど、それはパーソナル障害として捉えられ、ということは「明らかな病気」ではないという事になります。多分、こうしたものは今になって急に現れたものではなく、もともと人間がその中に持っていた、キリスト教でいうところの「原罪」、仏教でいうところの「業(ごう)」の様なものではないでしょうか。

■実は私、このサイコパスが存在するという事に関しての問題というのが良く分からないのです。こんなことを言うと、この記事は、補足説明にならないかもしれませんが、要は「嫌な奴」「スッゲー嫌な奴」「とんでもなく嫌な奴」が社会にはたくさんいて、この世に勧善懲悪なんてない、という身も蓋もない結論があるだけではないでしょうか。故に、自分がサイコパスでないと思う人は、サイコパスからの害を受けないように強く生きていきましょう。って、ことで…。

補足説明 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.