「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

補足説明※50「正常性バイアス」


補足 ■「正常性バイアス」とは、「自分は大丈夫」と思い込むこと。

■これでは簡単すぎて説明になりませんね。「正常性(せいじょうせい)バイアス:Normalcy bias」とは、Wikipediaの表現を借りれば、「社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性」、となります。まあ、ですから「自分は大丈夫」と思うことは正常性バイアスです。同様に「今回のは大丈夫」とか「まだまだ大丈夫」と思うのも同じものです。「正常化の偏見」、「恒常性バイアス」ともいうそうです。

■いずれにしても「根拠のない思い込み」ということです。災害や甚大な事故などではそれが「逃げ遅れ」など、本人の重大な被害につながることもありますが、社会的には「他者への共感」「思いやり」「救助行為」の欠落にもつながります。「多数派(集団)同調バイアス」というのもあるようです。周辺の多数の者の行動に同調してしまうというもので、これも「根拠のない思い込み」ということでしょう。

■正常化のバイアスという思い込みが、例えば「津波での逃げ遅れ」や「火災での逃げ遅れ」などにつながる、防災上の極めて重要な問題になると思いますが、「他者に対しての思いやり」に鈍感となることも社会的には大きな問題であると思ます。人が苦しんでいることに「まあ、大丈夫だろう」と根拠のない判断をしてしまうことは、相手に対してのコミュニケーションを阻害し、取り返しのつかない事態につながることも、事実あり得ます(いじめ然り、虐待然り、長時間労働の疲弊等々…)。

■言葉への「補足説明」から少し逸脱しているように思いますが、人間の脳はもともとご都合主義で、自分を簡単に騙します。それは、緊急時にいたずらなパニックを防ぐという側面もあるように思いますが、ただの「鈍感」ということにもなります。皆が皆、人の心に対して敏感となるというのには無理があるでしょうが、せめて「正常性のバイアス」なるものに囚われた(と感じた)時、その「根拠」くらいは考えるようになれれば、剣呑な状況から少しは身を守り、他者とのコミュニケーションも健全に図れるのではないかと思います。難しいか…。

補足説明 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.