「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

補足説明※4「自分は平均より優れている」と思う心の錯覚は…


補足 「自分は平均より優れている」というのは「優越感」の事でしょうが、それを独立法人放射線医学総合研究所(NIRS)という研究機関で「脳内の生物学的仕組みを世界で初めて発見」したそうです。

その研究成果のポイントを抜粋します。

■自分は平均より優れていると思う心理学的錯覚「優越の錯覚」が知られているが、そのメカニズムはこれまで不明であった。
■脳内のドーパミンと脳活動ネットワークの相互関係が、優越の錯覚に影響を与えることを世界で初めて発見。
■抑うつなどに対する客観的指標の確立に期待。

更に詳細な内容を知りたい方は下記のHPへ。
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20130226/index.html

比較的分かりやすく書かれていましたが、やはり、理系の知識を多少持っていないと少々難しいかと思います。興味のある方には面白いかも、です。

<追記>
ちなみに、古代ギリシャの時代から「自分は平均より優れている」と思う錯覚についてはそのような心理が認められていたそうですけど、その理由についてはよく分かっていませんでした。

錯覚の程度には個人差があるようですが、多くの人が、自分は平均より「約22%」優れている(まあ、ささやかですね)と自己認識する傾向にあることが調査・実験によって分かったようです。

自分は他者よりも優れている、と思いたい気持ちは理解できなくもないのですが、往々にしてその根拠の希薄さに「辟易」とした思いを周囲の者に湧き上がらせるでしょう。優越感というものを単純に考えれば、他者を劣っていると見下す行動や発言をする、要は「人をバカにする心理」に近いですね。

たとえば、WEB上に見られる、相手をバカにした発言や侮辱発言のテンコ盛りは一種のガス抜き、ストレス発散なのでしょうけど、これも「優越の錯覚」がその背景にあるように思えます。

まあ、「優越感の錯覚」に関する理由が分かったところで、そうしたものによる「不愉快さ」がどうにかなる訳でもありませんけど。

補足説明 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.