「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

補足説明※26「ナルコレプシー」


補足 ■ナルコレプシー(Narcolepsy)とは、時と場所を選ばずに強い「眠気」が発作的に起きる「睡眠障害」です。一般的な知名度が低い事や専門医が少ない事で、思うような治療が受けられず、周りの理解も得られず、患者の精神的な負担は大きくなります。昼間に眠くなるのは(寝不足の日や昼食後)誰にでもある事ですが、それとは違います。発作的に起きるのが特徴で、絶え難いほどかなりの強い眠気に襲われます。表情や感情が乏しくなる「情動障害」であるカタプレキシー(Cataplexy)を伴って発症する場合が多いようです。このカタプレキシーは喜怒哀楽などの「感情の高ぶり」をきっかけに発症するらしく、「情動脱力発作」と呼ばれています。昔はナルコレプシーとカタプレキシーを明確に区別する事は無かったようですが、今では両者は別物であるとされています。

■原因はどちらも脳内の「神経伝達物質」にあるようで、ナルコレプシーの症状としては入眠(発作)直後にレム(REM:Rapid Eye Movement)睡眠に入るため、夢を見ている状態になっていると考えられており、そのため、突然の夢に現実感を伴い、幽霊を見たというような心霊体験を訴える事があるようです。ちなみにレム睡眠は「眠っている時、眼球が動く事から脳が活動している状態とされ、この時に夢を観ていることが多い」という状態で、その反対はノンレム睡眠で、この時には夢を見ていない状態。

■他にも、昼間に眠くなる病気として、「睡眠時無呼吸諸侯群」「不眠症」「過眠症」などがあるようです。

■いずれにしても「睡眠障害」はまだ完全にその根本的な治療法が無いようです。とりあえずの対症療法としては「よく夜間に睡眠をとるように」という教育的指導のような対応になるそうです。

■阿佐田哲也は麻雀中に突然このナルコレプシーに襲われる事がたびたびあったそうですが、眠ったままでもしっかりと麻雀は続けて、強かったそうです。無意識の世界の中で「別次元」の麻雀を打っていたのでしょうか。まさに雀師。

補足説明 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.