「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その72「ギブソン お前もかよ… あれこれ手を出してダメになる企業 Link」


ギブソン ロゴ唐突な出だしですけど、私はギターが大好きです。下手ですけど…。そのギターの歴史を創ってきた、アメリカの「ギブソン」というブランド、ギターを好きな人でその名を知らない人はいないでしょう。マーチンと並んでアコースティックギターの黎明期を創ったブランド。そして、エレキギターの雄としてのステイタスを築いた数々の名機。アコースティックギターでは、J-45、J-50、ダヴモデル、ハミングバード等々、エレキギターでは、レスポール、ES335、サンダーバード、フライングV、エクスプローラー等々。とてもそれらを書き切れるものではありません。

その「ギブソン」が経営危機に陥り、倒産の可能性すらあるというニュースを見て、少なからず驚きました。正直「ギブソン、お前もかよ…」と嘆きたくなるような気分です。エレキギターの売り上げが下降し、市場も縮小気味という現実はあるにせよ、結局この「ギブソン」というブランドそのものではなく企業が「危機」を迎えているのです。原因は、日本も例外ではなく、M&Aとかグローバリズムとか勇ましいだけで中身がテキトーな掛け声で、無節操に色々な事業に手を出しては自分でコケている企業のグランドデザイン力、創造力、想像力、志、まあどれでもいいのですけど、そうしたものが決定的に欠けている、「拝金」体質にあるとしか言いようがありません。

なぜ「成長・拡大」が正義なのか? 会社、企業とは「誰のもの」なのか? そうした「哲学」が無い(考えようともしないから)のは「お金儲け=ビジネス」の世界的な潮流でしょう。日本にはかつての松下幸之助や本田宗一郎たちはもういません。まあ、そんな思いを「ギブソン」をきっかけに書き綴りましたので、兄弟サイトの「ギターを始めましょう」に書いた記事へ、勝手ながらこちらからLinkします。本当はこちらに書こうかと思ったのですけど、話題が「ギブソン」だったので。ご一読いただければ嬉しく思います。この辺、各方面で改めて考える時期だと思っているのです。毎日ニュースで流れている、特上の「変」ですから。

⇒「ギブソン お前もかよ… あれこれ手を出してダメになる企業

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.