「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その47「夏と冬、ボーナスセール? 風物詩はいつまで続く?」


ナス棒にナスを挿して「ボーナス」なんて古典的なギャグがありましたが、そんなギャグ、とっくに風化しているのかと思ったら、パチスロでそんな図柄があるみたい。私、パチスロに興味ないので、見た事は無いですけど。

ちなみに、堂々たるオヤジ世代の私ですが、今までの人生で「ボーナス」なるものを貰った事は、思い出しながら数えても片手にもならない。殆どフリーランスで、企業の中にいた時でも業務委託(つまり契約ね)ってことで、ボーナスなんてまずご縁がありませんでした。年俸制ですから。能力給と云えばカッコいいのですが、要は需要と供給の原則でお金貰ってました。分かりやすい働き方ですよ。

で、夏と冬に「ボーナスセール」ってのがあちこちでアドバルーン(古…)上げていますが、私には殆ど関係ない。ボーナスに関係なく「欲しいものは欲しい時に買います」。よくローンなどで「ボーナス月の支払い」なんてありますが、私、そんなの無いので、基本的に現金主義。そのおかげで、フリーランスなんて超不安定な生活をン十年も続けてきて、お陰様で借金(負債)なんてものがありません。とりあえず、雨露凌いで、ご飯が食べれりゃいいのです。まあ、「ヤベ…」なんて事は数回ありましたけど、生きています。

で、会社の中にいて、毎年のように周りの「正社員」様が夏と冬のボーナスの額を心配したり、でも、貰えれば少し懐が暖かくなったと喜び、途端に夜の街が賑わうという年中行事を見ていて、どうにも「変」な光景に見えました。

まあ、「ボーナス出たんだろ」ってタカっていた身としては、あまり偉そうなことを言えたものでもないのですけど、「そも、ボーナスって何?」って事です。一般的な定義では「業績などに応じて与えられる特別手当」で間違いないのでしょうが、これって、私の知る限り「法律で義務づけられたもの」ではありませんよ。

と云いう事は、事実上の「生活給」でしょ。だったら、毎月その分貰えばいいのに。「頑張ったから、もらえるんだよ」なんて言われるかもしれませんが、だったら、別に年2回でなくても時期が半期ごとじゃなくてもいいじゃないですか。それに、殆ど金額にそれほどの差がないでしょ。外国で働いたことありませんけど、向こうにもボーナスってのはあるそうです。でも、聞いた範囲内では、せいぜい一ヶ月分の給料程度。日本は違うでしょ。数か月、多い所は5か月分以上…。これが無かったら生活できないって人が出てくるくらいの金額ですよ。家のローンも自動車のローンも払えなくなるでしょ。

本来的に「頑張ったから、もらえる」のなら、頑張らなかった(結果が出ない)場合は「諦める」筈のものじゃありませんか。でも、出ない、なんて事になったら大変ですよね。ってことは、要は「年棒」と同じじゃないですか。そんな面倒くさい事やらないで、なんで「年棒」にしないのかね。その方がよほど気分的に安定した生活が遅れる筈ですけど。

要は、「能力給」を確立できない雇用システムですから、まだ年功序列や終身雇用のシステムを会社が崩せず(実質崩れているけど、代案がない)、「全員、均等に」ってのが原則だから、業績の「調整弁」として機能させている訳です。

先にも述べた通り、ボーナス自体は「法律で義務づけられたもの」ではありませんから、これを減らされても文句は言えません。という事は、これが「能力給」となる可能性もありますが、それだと、「報復的な減給」「いやがらせ的な減給」「辞めてもらいたい減給」だってあり得ます。恣意的に…。

「能力給」的に機能させようとしても、そもそもが俸給に「能力」を正当に反映させるシステムがないので、やっぱり無理でしょうね。という事は、ボーナスがいまだ固定した手当てで、毎年、その支給月に消費が活発化するって図式はまだまだ続くのでしょう。

で、何が言いたいのか…? この図式がある限り、ボーナスは増えないし、リストラという名の馘首も固定しますね。現状、機能不全に陥りかけている古き良き時代の「ザ・会社」システムの、代替システムとして…。で、会社が利益を上げたとしても、それは会社と、経営者と、株主の元に行きます。これは間違いのない傾向です。だって、キャピタリズムの行着くところである「利益の奪い合い」が当然、既に起きているのですよ。あからさまに…。

ハイ、一番身近な「格差」拡大のシステムです。

良く考えてみると、「残業代廃止」も「正社員廃止」も、次なる「ザ・会社」システムにとっては必要な事だと思いますけど。

ただし、前提として、就業についての「在り方」、つまり「在宅ワーク」であるとか、盛んに言われている「自由裁量労働」などが本当に根付かなければ、「ザ・会社」はアンシャン・レジームとして滅びざるを得ないでしょうね。

事実そうなってきています。

いまだにボーナスなんて制度を持っている会社は、断言しますけど、古い。

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.