「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その41「自動自動車? 運転手が要らない自動車ですか…」


自動車過日の新聞に「自動自動車(ややこしい。正確には自動運転車?)」なるものの記事が載っていましたが、要するに「自動」で道路を走って行く機能を自動車に搭載するという事のようです。某日産自動車が、混雑時の高速道路を同じ車線内で自動走行できる車や、自動で駐車できる車を、2016年末までに一般に売り出すそうです。某日産自動車は昨年、自動運転車を20年までに実現するという目標を発表しましたが、どうやらそれを具体的に計画できるところまで来ているようです。

18年には、主に高速道路で自動的に車線変更し、前を走る車を追い抜いたり障害物を避けたりできる車も発売、20年には一般道でも自動運転が可能な車を投入する計画だそうです。

自動運転は、事故を減らし渋滞の緩和にも役立つ「夢の技術」と期待されているそうです。なんと、米グーグルも参入を表明し、開発競争は激しさを増しているとか。他の自動車メーカーも某日産やグーグルに負けてなるものかと、開発競争にしのぎを削るのでしょう。

「夢の技術」ですか…。既に実現化されている「追突防止機能」ですが、私はこれを「追突促進機能」と呼んでいます。確か約30km/h以下での追突防止をアシストするようで、市街地走行で「システム頼り」のボンヤリさんを増やすだけだと思うからです。某ホンダでは03年にミリ波レーダーを使ってもっと高速でも前方の車の動きを早くとらえてブレーキアシストする機能を実現していましたが、かなり高価で、一部の高級車種にしか搭載されなかったと記憶しています。今の低速でのブレーキアシストはミリ波レーダーより安価で済むカメラや赤外線で実現しているようですが、氷結や、霧などの自然状況では果たしてどこまで信頼できるのかと思っています。
最も「安価」で確実な停止装置は「ちゃんと前を見て走っている運転手」なのですけど…。まあ、技術は一旦競争が始まれば競馬状態になるし、人も踊るし…。ミリ波レーダー技術もかつてより安価になっている筈ですので、積極的に取り入れられるでしょう。そして、完全な「自動自動車」の登場…。

ところで、夢の技術の進歩はいいのですけど、肝心の「運転手」はどこにいってしまうのでしょうか。完全自動化が実現すれば、それは「運転」が必要なくなるということです。それを「自動車」と呼ぶのですか? それは「電車」じゃないですか。電車なら、寝ていても目的地に着きますよ。東京新橋から出ている新交通システムの「ゆりかもめ」に初めて乗った時、無人の列車が進んでいるのに、何とも言えない違和感と不安を覚えました。あれは何が目的で作られたのでしょうか? つまりは「金のかかる人間(人件費)のカット」。ゆりかもめは文句も言わず、黙々と働きます。

自動車もそうなる訳です。自動運転車は、究極のインフラ、道路に誘導のラインを埋設するという手法で完成するのでしょう。もしくはGPS誘導…。これは道路に「線路」ができるという事です。やはり、自動(運転)自動車とは、自動車が「電車」になってしまうという事です。

その自動車の中に「運転手」はいません。運転手の要らない自動車が出現するのです。自動運転は、事故を減らし渋滞の緩和にも役立つと評価されているようですけど、ではその事故や渋滞は「運転手=人間」が引き起こしていたという事になります。問題のある「人間」を無くする事で、世の中が良くなる、というように聞こえますね。「ゆりかもめ」の新交通システムと一緒です。
まあ、それは確かに真実かもしれません。無謀な運転(=無謀な人間)が横行しているのは事実ですから。酒や薬物で意識朦朧のまま運転する輩や、人に突っ込んでいく車や、高級車をただの暴走車にしてしまう輩や…、諸々。

いや、それでも私は言いたい。技術が人間を駆逐して行くのは正しい姿なのか。人間の方が正しくなるのは不可能なのか。

フール・プルーフ(fool proof)という言葉がありますが、直訳すれば「バカ防止」です。例えば、ギヤがパーキングに入っていないとエンジンの掛からない自動車とか。その元には「人間はミスをする」「人は信用できない」という考えがあります。しかし、「人間を排除する」とまでの考えではありません。その「ミスをする人間」をどうするのか、もっと考えるべきこと、実現すべきことがたくさんあると思います。

自動運転車は一気に「人間を排除」してしまう技術のように思えます。それは同時に「人間をハナからバカなもの、学習能力の無いもの」へと追いやって行くのではないでしょうか。正直、ゾッとしますね。

もっと簡単な解決策があるのに。自動車を無くして、みんな「電車」に乗ればいいのです。座って行きたければ「指定席」を一般の電車でも増やしてみるとか。目的地への最期はバスか自転車、徒歩でいいんじゃないですか。

自動車を運転する楽しみ、って認められなくなるんですかね。"Fun to drive" "Zoom Zoom(ワクワク)" なんて宣伝文句を謳っている自動車メーカーさん、どうするんですか?

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.