「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その25「家を買うのは男の甲斐性? 無理な消費の連鎖」


家今朝の朝日新聞(2014年2月7日朝刊)の「耕論」に「空き家大国ニッポン」なる見出しがありました。このテーマはTVなどのマスコミでも何度か取り上げられているテーマですが、要は空き家が増殖して、その処理に自治体が頭を痛めているそうです。言い方は悪いですけど、でっかい「粗大ゴミ」でしょう。空き家は2008年の時点で約757万戸。単純計算で、1世帯3人住めるとしても、二千数百万人分の家が「粗大ゴミ化」しているという事になります。多くは住む者がいなくり、継いで住む者もおらず放置されているようです。親がいなくなって、子供はよその場所に、っていうパターンでしょう。しかし、これが放っておかれると、防犯上の問題や自然倒壊の危険性、また、その周辺の「資産価値が下がる」とやらで、空き家がある事を公にしたがらない住宅地があるそうです。

本来は「所有者」に処分する義務があるそうですが、それが遵守されているならこのような事にはならない訳で…。自治体が肩代わりして処分するとしたら、それは税金です。人の家に、皆の税金がつぎ込まれるということ。もっとも、法的な問題で、もし自治体が処分に乗り出したとしても、本来、私有財産ですから事はそう簡単には行かないようです。2008年の時点で約757万戸ですから、今ではどれくらいになっているのか。実際、経験的にも、捨て置かれた家はけっこう目にします。

しかし、以前から思っていましたが、この国の「持家」に対する熱意は相当に高い。殆どがローンを抱えてヒーコラと家を買っています。法的には、ローンが終わるまでの抵当権は売主、もしくはローンを組んだ銀行にあり、買った人のものになるのはン十年後。ローンが終わってなくて空き家になったら、それは所有者がけっこうややこしい事になります。昭和40年代の高度経済成長期に国が音頭を取って力を入れた「持家政策」の結末がこのような形で終焉を迎えているように見えます。私は個人的に持家に対しての意識があまりなかったのですが、周りの者は「家賃を捨てるより買った方が」と口を揃え、焦るように家を買っていました。

しかし、「住」はそもそもが消費であり、家が資産になるといっても、それは「売れる」事を前提にしての筈。もし売れなかったら「資産」とはいえません。換金できてこそ、初めて「資産」となります。借りていようが、買おうが、「消費」である事には変わりありません。銀行のライフプランナーはしきりに「買った方が得です」と言い切っていましたが、私自身は「終の棲家で雨露を凌げるボロ家を最後に買えばいいや」と思っていました。家を買うとその土地に縛られて「イソギンチャク」になるのが嫌だったからです。だいたい、この先、どうなるか分からないのに。

結局、親が金持ちという方は別にして、地方から都市部に出てきた者はセッセと働いて家を買うしかないのでしょうが、それが一代限りの消費で、次の世代がまた高くつく消費を繰り返す…。高額で無駄な消費の連鎖が続いているのだと考えます。まあ、内需促進としては効果的なのでしょうけど、だいたい、2007年に意識調査を国がやったらしく、60歳以上の人がいる世帯で、将来、子供がその家に住むという見通しを持っていた人は三割もいなかったとか…。その時にもう「分かっていた」筈でしょ。変!

今の日本の持ち家率は平成20年の時点で61.2%(全国平均)だそうです。ちなみに、江戸時代の持ち家率は正確なデータはありませんけど、推測として40%くらいだそうです。しかし、江戸時代は九割近い人口がお百姓さんだった訳で、そもそも土地と一緒に暮らしています。となると、都市部での持ち家率はそれほど高くなかった事が推測できます。江戸の人口は18世紀には100万人を超えていたそうで、ロンドンやパリの60~70万人に比べてダントツに世界一の都市だったのです。持ち家率が低くてもそれだけの人口がダイナミックに生活をしていた訳です。町人の主な住まいは長屋だったと思いますけど、これって、身軽な「生き方」だったんじゃないですかね。江戸が全焼するほどの大火に三度も見舞われて、それでも復興してきた都市です。

まあ、そういうことを長々と書いても仕方がないので、ご提案です。「コンテナ型の家」なんて、どうですかね。土地は国が管理して賃貸で。引っ越しも楽じゃないですか。家(コンテナ)ごと引っ張って行って、好きな所に住めば。地震が来ても、コンテナを地面に置いておくだけならアッチコッチに動くだけでしょ。地震が終わったら元の位置に戻せばいいし。2階が欲しければ重ねるとか。歳を取ったら田舎にそのまま移動。コンテナじゃ、色気がないですかね。色気なんて公共の公園で「借景」を楽しむとか手はあると思いますけど。家財道具も、必要最低限の低いものにしておけば、地震がきてタンスに押しつぶされることもないし。「身軽」に生きていけそうじゃないですか。ダメ…?

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.