「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その20「タワーマンション階級制度? 高い階ほど偉くなる?」


タワーマンション唐突ですが、私は超が付くほどの高所恐怖症です。2階より高い所に住んだことはありません、というより、住めません。怖いので。ちなみに、スキーをやった事はありません。あのリフトに怖くて乗れません。仕事で会社のビルに入っても、高層階では窓の近くには寄りつきません。外の景色が見えるエレベーター、あれはやめてほしい。エスカレータで行きます。北海道へ出張になった時、ひとり、寝台列車で前日に行ったことがあります。どうしても飛行機に乗らなければならない時は通路側。とにかくすぐ寝てしまうようにしますが、全身が緊張してしまいます。離陸の時は心臓が…。

てな事で、タワーマンション(都心に近いという事で売れているそうですね)とやらは眺めていて、最上階に住むことを考えただけで、足元からスーッとしてきます。まあ、絶対に住みませんけど。しかし、見ているだけで怖いですね、あの高さは。それが雨後の竹の子というか、夏のセイタカアワダチソウ(キリンソウ)のようにニョコニョコと生えて、じゃなくて建築されているのを考えると、高所恐怖症というのは絶対数が少ないのか…、と思います。

最近、ある人から聞いた話ですけど、あのタワーマンション、高い階に行くほど値段がドンドン上がって行って、当然下の階が安いとの事。大抵、一番上(高額)と一番下(低額)から売れていって、真ん中辺りが最後に売れるパターンが多いようです。で、そのタワーマンションの中に階級意識が芽生えるそうで、エレベーターに他の人と乗り合わせたりすると、その人が何階のボタンを押すのか、意識するそうです。自分より高い階のボタンを押されると見下されているような気分になるとか…。

へー…、って感じです。私には縁のない話なのですけど、興味があったのでもう少し話を聞いてみると、高い階層に住んでいる人は「富裕層」で、低い階層に住んでいる人は「平民層」だそうな…。あんな、ポキッと折れそうなタワービルの中に、そんな階級制度があるのですか…。乗っている車も違うそうです。例えば同じレクサスに乗っていても、高い階層の人は高級仕様。低い階層の人は標準仕様。まあ、面白半分に聞いている訳ですけど、悪い癖が出てくるというか、茶化したくなってきました。

上の階の値段が高いのは「眺望」というプレミアムが付くためだそうで、まあ、眺めが良いという価値は分かりますけど、毎日見ていると慣れる(飽きる)でしょ。そのために余分な金を払うのは人の勝手ですけど…。しかし、それがステイタスとやらになるとは。下の階の方が外に出るにしても便利ですから、そちらの方が「使用価値」が高いように思っていました。高い低いがそのままそこに住む人の意識に「高低」をもたらすなんて、意外です。

それで、そんなものかと興味があったのでちょっと調べてみると、面白い話をWEB上で見つけました。某カリスマ家庭教師の方の話ですが、「高層マンションに住んでいる家の子供は、何故か成績が伸び悩む子が多い」とか。フンフン、何ででしょう? 続けて曰く、「高い所に住んでいると(風が強いので)窓を開ける事が少なく、自然界の音(外の音)がほとんど聞こえない。廊下はカーペット敷きで靴音すら聞こえない。住環境が整いすぎて、成長期の子供にとって日常で受ける外的刺激が少なくなっているのが原因」とか。長年の観察結果だそうです。何となく分かるような気がします。一階に引っ越せばいいのでしょうか?

ここで、昔、新聞か何かで読んだ事を思い出しました。高い階層のアパートやマンションでの子供の「落下事故」が多くなった事への記事の解説で、「子供の頃に高い所に住んでいると、高い所から落ちると危ない、といった本能的な危険に関する意識が弱くなるのではないか」とか。私、田舎の地べたで生きていたから高い所が怖いのでしょうか…? 高い所にいるという事は、物理でならった「位置エネルギー(落下に対する相対的エネルギー)」がタップリの状態という事で、そのエネルギーを危険と感じる力があるから「恐い」のでしょうか?

昔から「○○の高上り」とは言いますが…。あ、失礼しました、如何せん、茶化したいだけですので、ご容赦。自分が高所恐怖症なもので、高い所が平気な人が不思議なだけです。そこに価値を求める事が理解できないだけですから。住んでいる所の高低がその意識に及ぶなんて考えてもみませんでした。まあ、正直言って、その心情は理解しかねますけど…。高額な上層階を買う人はそれなりにお金をお持ちなのでしょうから、それはよろしいかと思いますが、高い所に住むという事は「高い位置エネルギー」を常に背負って暮らすという事です。私は、あ…、目が、眩んできました。

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.