「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

変 その13「薬漬け&サプリメント 人はそんなに不完全なのか」


野菜最近ケーブルテレビで昔の番組をやっているのを見るのが面白くて、地上波は天気予報とニュースくらいしか見なくなりました。CS放送も結構CMが多くなって、まあ、それはそれでメディアとしての価値が高くなっているのは良い事なのでしょうが、広告費が安いのか、地上波には出てこないようなCMのオンパレード。

確か、地上波は視聴率でコストが決まりますが、CS放送は一本当たりの単価になるので、コスト的にも安いからでしょう。しかし、その広告が通信販売一色になるのは事情が事情(販売のコストを抑える)ですから仕方ないのでしょうけど、その殆どが「ダイエット」「美白」「体臭」「薄毛対策」「強壮」「便通」などなどのサプリメントの広告。

食事時に「毎朝、ドッサリ!」なんて広告をやられると慌ててチャンネルを替えます。ちょっと勘弁してほしい…。美白なども「アンチエイジング」とやらで、「この方(女性)、いくつに見えますか」なんて言って、ライティングで素肌のディテールをブッ飛ばした写真を見せて「えー、50代、ウソー!」なんてそれほど年の違わないオバサマ達がキャーキャーやってます。それだけ元気ならシワやシミなんてどうでもいいじゃない。と、かなり、こちらもオヤジ丸出しでブツブツと言っていますが、まあ、それは愛嬌でご勘弁。

で、ふと、20年くらい前の事を思い出します。外国のメーカーが国内の食品メーカーと組んでサプリメントを売り出そうとしている仕事に関わりましたが、そのサプリメントは単純にビタミン剤のようなもので栄養補助食品でした。その時、クライアント(依頼主)には悪いですけど、多分「売れない」と思いました。食品に関する仕事が長かったので、「日本ではサプリメントは売れない」という業界の常識に私も反論はありませんでした。理由は、日本人は(その当時)それほど栄養バランスに気を使う程食生活が乱れておらず、サプリメントで栄養を補助するという考えがあまりなかったからです。

まあ、思った通り(失礼)その事業は2年目で撤退となりました。余談ですが、その時にクライアントから言われた嫌味を今でも覚えています。「自分たちが事業立ち上げで努力して失敗しても、広告代理店だけは広告費確保して、絶対に損はしないよなあ」とか。確かに、その通りなのです。広告代理店は事業にとってかなり重要な仕事をする割には、間違ってもリスクを共有するような仕事に手を出しません(売上欲しさで、たまにやって失敗しますが)。

話を本題に戻します。その時代から考えると隔世の感があります。薬事法のハードルが低くなったこともあり、効果効能的な事を(個人の感想と断りをいれて)アピールできますから。それにしても、多すぎます。歳をとると体がポンコツになってくるのはある程度仕方のない事で、それでも医者で薬を貰って(しこたま…)、サプリメントを飲んでと、ある意味、日々の食事より気を使っているような…。
自分や家人の親を介護する際、医者の世話には必ずなりますが、まずその薬の多さに驚かされます。もちろん、私も医者に行きますが、やはり薬がドッサリとなります。その中にはただのビタミン剤もあります。その上、サプリメントなんて飲んだら…。素朴な疑問が出てきます。私たちの身体はそれほどに不完全なのでしょうか? 毎日の食事をキチンと摂って、睡眠をとって、それではダメなのでしょうか?

丼一杯は大袈裟にしても、手の平に盛るくらいのサプリメントを飲まれている方の姿をTVで見る事があります。怪我の治療で薬というのは分かりますが、体に対して食べ物以外にそれだけのものが必要になるというのは、全てを否定するつもりはありませんけど、理解に苦しみます。大量の薬や補助食品で「元気」になるとしたら、やはり人間は「不完全」な生き物なのでしょう。その恩恵を知っている人に言わせれば「知らないから」って事になるのでしょうが、だったら、科学万能を肯定的に見る時、いずれ、人の身体はサイボーグになるのか…、と思っても不思議はないような。

余談ですが、ある小説に書かれていた、人工臓器のおかげで人が健康についてまったく心配がなくなった未来に流行った出来事(フィクションですけど)を思い出します。健康な臓器が博打の対象になるという事です。自分の元の臓器を失っても人工臓器があるから死にはしません。自分の臓器が博打の対象になる…。その程度のものになってしまう訳です。これって、人間でしょうか?

加齢と寿命を自然に受け入れるのは難しいのでしょうか。薬とサプリメントが増えれば増える程、元の人間の価値が下がって行くように感じるのは、そのほうが「変」なのでしょうか、ねえ。

「変」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.