「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

不思議 その68「人間が持つ不思議な力は間違いなくあります、けど…」


不思議人間が持っている「不思議な力」には以下のようなものがあります。と、唐突に言い切ります。

(1)見えないはずのものが「見える」
(2)何か分からないけど、何かいる気配を「感じる」
(3)論理的ではなく、直感的に未来を「予感する」
(4)自分に関係のある人に起こりそうなことに「不安を覚える」
(5)念じることによって、「現実を変えてしまう」
(6)人が感じている「不安や傷心を癒す」
(7)落ち込んだりやる気を失っている人に「活力を与える」

などなど、ですが、キリがないのでこれくらいにしますけど、表現を変えればまだまだいくらでもあると思います。「何を言ってんだ」と思われている方もいらっしゃると思いますので、話を進める前に大前提を一つ。「人間の存在自体が、すでに不思議の領域にあります」と申し上げておきます。別にこれは話のオチとかではありません。それと似たようなことは本篇の「その58」に書きましたので興味のある方は是非、ご覧ください。

ですが、往々にしてあることとして、具体的にこのように否定されます。(1)は「錯覚」。(2)から(4)は「勘違い、思い違い、勝手な思い込み」。(5)は「偶然」。(6)(7)は「一時的なもの」「心理的効果」。この(6)と(7)は時に、「慢心、思い上がり、自己満足」等のかなりネガティブな言葉で否定されるか、貶められる場合もあります。どんなものにも「否定」ということはできますから、それを逆に「否定」することもできるのですけど、まあ、それは「罵りあい」「喧嘩」の様なものですから、往々にして、自分が感じた不思議は自分だけのものとして「沈黙」するでしょうね。

冒頭に記した「人間の力」は、思いもよらず「他者からの称賛」を受けて、祭り上げられ、「依頼心」の対象ともなり、神棚の様なものの上に載せられることもあるでしょう。そして、ある人のように悲惨で残酷な状況へと追いやられることもあるでしょう。

さて、ここまで色々と書いたことで、いったんクールダウンして考えてみたいのです。そもそもが何もなければ、「何も起こらない」はずです。0に何を乗じようが、0であるのと同じように。しかしながら、私たちの周りには自分自身を含めて、実に不思議な力を感じることが多く、それが「科学的ではない」とか「錯覚だ(これが一番多いか…)」ということで否定され、時には悲しいことに貶められて「嘘つき扱い」さえ受けてしまうことがあります。この景色、何故か非常に「不自然」に感じます。どう「否定」されようが、「理由が自分でも分からない」ことであろうが、「不思議な力」を体験する人がいることは事実です。この「事実」を前提とすれば、先に述べたように「人間の存在自体が、すでに不思議の領域」という事と合わせ、何らの問題もなく認められるべきことです。

人は「不思議」を単なる「生活上のイベント」もしくは「エンタテイメント」としてだけ楽しんでいるわけではありません。むしろ、それを「受け入れない」ということで、ある種のキャラクター、例えば「合理的」「冷静」とかいった価値を持とうとする人もいるのでしょうが、これは逆もまた真なり、です。「不思議」を「受け入れ」、その中で自然に生きていこうとする人もいます。両者の間に、何の角逐を起こす理由はありません。冒頭に記した「人の力」を感じる人、経験した人は少なくないと思います。私自身も、その一人です。

で、最後に、この文章、今までにも似たようなことは何度か書いたのですが(この編は不思議がテーマですから、当たり前か…)、またそんなことをここで唐突に書いたのは、こんな感じの「文章的なもの」が急に頭に浮かび上がったからです。大した内容ではありません。とはいえ、何故か、一人頷きながら書き始めました。

数日前から何度か、私の部屋の中を、何やら黒っぽいものがスッ、スッと、傍らをすり抜けるように動くのが目に入ってきます。猫を飼ってはいますが、猫ではありません。家人には見えないし、感じもしません。私だけ、アレッってな感じでその動き(そう見える)に目をやるだけです。害も何もありません。ただ、それを感じる時、ここまでに書いたようなことが頭の中に湧いてきただけです。そうした事に、それぞれの関連性とか合理性とかは、すでに書いた通り、ありません。

「不思議」を考える編 目次へ


★怖い その41「素潜りでアワビの密漁… その岩陰に…」
★不思議 その31「水滴が…? どこから?」
★不思議 その27「人が壁をすり抜ける確率は? 電子のトンネル効果」
★不思議 その45「目を閉じているのに、何か見える…」
★思い その35「傲慢症侯群 傲慢は人格障害の一種 何を今更」


■探し物は何ですか…? あの本ですか? カタログ気分で色々検索。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.