「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

不思議 その62「朝より頭になにやら流るる歌あり そは誠にくだらぬ歌にして」


考える 何やら詩のようなそうでないようなタイトルを掲げていますが、これは昔に何かの本で読んだ言葉です。正確にこの通りであったかどうかは定かではないのですが、このような言い回しであったと思います。言わんとすることは、「何やら頭の中に歌が流れて止まらないけど、何か意味があるわけでもないくだらない歌なんだよなぁ…」でしょう。そんな体験、皆さんもありません? 私、よくあります。特に何もすることがない手持無沙汰の時に、くだらない音楽や歌が頭の中に流れ続けます。まあ、くだらない、というより、「何でこんな音楽や歌が頭に泛んでくるの?」というメロディーです。

ちなみに、私の趣味の一つに船からの釣りがありますが、いつもそんなにゾロゾロと釣れることはありません。時には笑いが止まらないような大漁の時もありますが、大体はポツリポツリの拾い釣りといった感じです。ですから、竿先から垂れている糸をジッと見つめている時間の方が圧倒的に長く、静かに(釣れない)時間が流れていきます。そんな時、ふと頭の中に、リピートリピートで繰り返し繰り返し同じ歌が流れ始めるのです。どんな歌って? そりゃぁ、色々ありますよ。ある日は、「五匹の子豚が、五匹の子豚が、チャー・ル・ス・トン~♪」でした…。それから一日中、頭の中に「五匹の子豚♪」です。時間が止まったような船上で静かに竿先を見つめ続ける頭の中に、五匹の子豚…。なんで…?

他にも、「鉄腕アトムのテーマ」や「ピンクレディーのUFO」とか…。思わず口から「ユッ・フォ…」なんて言葉が漏れそうになります。曲の例を挙げればキリもないので止めておきますが、なんでそんなメロディーが頭の中に流れ続けるのか、不思議と言えば不思議でした。まあ、実害もないのでどうでもいいと思っていましたが、ある日、WEB上に「頭の中で鳴り続けるあの音楽、止まらない理由は?」というタイトルの英国での調査が掲載されているのを目にしました。

「おっ! ついにあのくだらん歌が流れる理由が!」と記事を読みました。内容をかいつまんでご紹介すると、そのようなことは推定で90%(の人々)が週に一回以上経験するそうで、英国の大学教授(音楽心理学者)の研究チームが、その主な理由をつきとめたとのことです。その理由とは次の3つ。「テンポ・旋律の形態・独特の音程」。ふむふむ…。

「テンポ」は「単純すぎず、複雑すぎない」楽曲で、まずはリズムに合わせて体が動いてしまうようなテンポの速さと軽快さがあること。ふむふむ…。確かに「陸王の舞(雅楽)」のようなメロディーが出てくることはないし、ノリノリのロックのリフなんてのも出てこないし、やはり鼻歌にでもなりそうなメロディーが流れてきますね。大学の校歌が出てくることはあります。単純すぎず、複雑すぎず、ですか…。

「旋律の形態」は旋律がリズミカルなパターンを持っていて、童謡などがこのパターンを持っているそうです。なるほど、それで「五匹の子豚がチャー・ル・ス・トン♪」か…。童謡じゃないけど、そんな要素は持っていますね。「軍艦マーチ」が出てくるのも同じような理屈でしょうか? そういや、マーチは多いな…。朝から「ワシントン・ポスト・マーチ」が流れ続けることもあるし。ふむふむ…。

「独特の音程」は、全体としては単純で均一なパターンを持ちながら、「不意に独特の音程が入ること」だそうです。簡単に言えば「単純ながら変わっている」とか…。ふむ…。これは今一つ分からん…。

研究チームが2010年から2013年にかけて、主に英国の3,000人を対象に調査を行ったところ、耳にこびりつきやすい音楽として、圧倒的にレディ・ガガの楽曲が多かったとか。ふむ…。研究チームのリーダーである教授は「私も頭の中でレディ・ガガのバッド・ロマンスが流れ続けている」とこぼしていたそうです。ふむふむ…。で、研究レポートは終わり…。ふむふむ…。

…って、コラァァァァァァッーー! どこに「理由」が語られてるんじゃぁぁぁぁっ! 傾向を羅列しているだけじゃねえか! 大脳生理学で「扁桃体が…、ドーパミンの分泌が…」とかあるのかって期待しちまったじゃねえかぁぁぁっ! 「何でか?」なんて理由、これで分かるかよぉぉぉぉっ! 分かんねえんなら分かんねえってハッキリ言えよ! 俺の頭にはレディ・ガガなんて流れてこねえよ! なんで俺のは「五匹の子豚がチャールストン♪」なんだよ!

と、感情的に突っ込みたくなりました…。結局「そは誠にくだらぬ歌にして」だわなぁ。この問題、くだらぬことは致し方なしとして、不思議のままにしておきましょう。そのほうが面白い。

「不思議」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.