「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

不思議 その25「ルナティック? 不可思議な空間は夜に広がる」


ルナティック イメージ自分自身が経験したり、他の人から聞いたりした「不思議」な事は、その殆どが「夜」に起きています。よく考えてみるとこれまた「不思議」です。どうして、昼日中にはあまりそうした事が起きないのでしょうか。もちろん、自分の経験からいえば、昼日中に全く起きない訳ではないのですが、頻度からいえば圧倒的に「夜」が多い。何故でしょうか…? 昼間だと、幽霊が出ても気が付かないとか、あるのでしょうか?

夜といえばその象徴は「月」「星」「暗闇」ですが、特に「月」に関しては注目すべき説が多くあります。月は英語でMoonですけど、Luna(ルナ)といえば、ローマ神話の月の女神であり、転じて月の名称でもあります。しかし、これが英語としてLunatic(ルナティック)となると、少々憚られるような意味になります。「精神異常」「気が狂う」といった意味となり、月のロマンチックな雰囲気など吹き飛んで、妖しい言葉となります。

月の光や、月が引き起こす潮汐が人間に影響を及ぼすという事は、伝承や、近代でも統計学として興味深いデータを目にすることがあります。例として挙げれば、満月の夜の狼男や、満月の夜には犯罪発生率が高くなる、満月の夜には人の心身が不安定になる(潮汐力による体内の変化)、など調べればいくらでも出てきます。

しかし、私はこの月に関する説には与しません。確かに多少の影響はあるかもしれませんが、「不思議」は月に関係なく起きます(昼間にも起きる訳ですし)。私は「夜」そのものが「不思議」な空間を作るのだと考えています。ちなみに、「夜」に準じる状況として、「無人」もしくは「人が少ない」、「静か」「暗い」といったものもあると思います。

その考えを説明すれば、「昼間は、同時に多くの人が活発に活動している時間帯であり、人の生活は良い意味での共有された常識で動き、そのエネルギーで満たされていますが、夜(無人状態も含む)は集団としての人が不活性となり、そのエネルギーも希薄となり、人それぞれが内なる世界に入り込む(睡眠も含め)ため、個人が昼間とは違った精神状態となる」ということです。

つまり、昼間は、活動している人間の精神エネルギーで満たされた世界となりますが、夜はその精神エネルギーが希薄となり(前述した)「共有された常識」というものが機能しなくなる、という事です。個人はそれぞれの内なる世界に入り、世界と自分は「1対1」の関係になります。そこでは「他者と共有した何某かの常識、了解、規制」などの力は弱まります。というか、無くなります。そのような状態の時、人の感覚は昼間とは違って、鋭敏、もしくは解放、悪く言えば無防備となり、「何者か」を受け入れやすくなる(入り込まれやすくなる)のではないでしょうか。

人間は社会的な生物です。故に、「一人でいる事」「孤独」には非常に「弱い」存在だと思います。事実、社会性の強い哺乳類で、群れから離れると死んでしまうものも存在します。例えば、ピグミーモンキーやスナメリクジラ(小型の鯨)など。免疫力が弱まる様な感じで…。

余程精神力の強い人でも、「孤独」が全然平気、とはいかないでしょう。鈍感、というのはあるかもしれませんけど…。比較的、一人でいる事に慣れている者(不肖、私)であっても、昼と夜とではその精神状態は違う筈です。余談ですがこれは「二元的」な考え方ではありません。昼だろうが夜だろうが、それは位相が違うだけで、主体となる(感じる)人間は同じです。

ジキルとハイドではないですけど、昼間に謹厳実直な人が夜になると性格がガラリと変わる人って、いますよ。程度の差はあっても、大方の人が変わってしまう事は経験的に感じます。当然、「考え方」「感じ方」も変わるものと思います。それが、昼間には感じない「もの・こと」を夜には感じてしまうのだと、考える訳です。

私自身、仕事柄、昼夜が逆転する事がたびたびあります。どちらかといえば「昼行燈」で、夜の方が色々と考えをまとめやすくなったり、思いつきやすくなったり、(たまに)閃いたり、という事は何度も経験しています。そして、「不思議」なこともそうした夜の時間帯に多く経験します。ちなみに私は何故か、子供の頃から夜の方が落ち着きます。それは性格的なものでしょうけど…。

昼間と違って、人が個々にバラバラとなり、ある意味、本当の個人(?)となる時、その精神もまた、昼間の衣を脱ぎ捨てて、それぞれのセンサーを発動させるのでしょう。

「夢は夜開く」ではなくて、「不思議」な空間は、夜に広がる…。

「不思議」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.