「不思議」「怖い」「変」を普通に考える。タイトルバナー

不思議 その14「水車小屋のある風景とアポロ11号、そして…」


月面私が小学生高学年の頃、正確には1969年の7月20日ですが、この日、アメリカのアポロ11号が月面に着陸し、アームストロング船長が月面への人類史上初の足跡を残しました。

その頃の私は周りが山で囲まれたド田舎に住んでいました。今ではその時のような田舎の光景がどれほど残されているのでしょう。護岸などされていない川、その河原、傍らには水車小屋(まだ現役)、幅一尺半ほどの板を適当に川の上に渡した橋、季節は夏で辺りは山あいの緑で埋め尽くされています。川には当然小魚が泳ぎ、時にはウナギも取れました。夜には今なら驚くような数の蛍が飛び回っていました。山ではマツタケがたくさん採れ、珍しくもありませんでした。典型的な田園、というよりド田舎風景でした。

学校からは車も通る表通りを通学路に指定されていましたが、私は川の沿いや山の中を一人で適当に歩いて帰っていました。その方が面白いから。で、いつものように水車小屋の横を通って、板の渡された川を越え、畑の中の道を歩いていました。適当な道を選んで歩いていましたが、高い生垣の農家の前に差し掛かり、ふと中を見ると縁台の向こうに、テレビを一人で見ているおばあさんがいました。私、テレビの画面を表から覗き込んでいましたが、別に何か興味があった記憶はなく、ただ何となくです。

すると、おばあさんが私に気づいて声をかけてきます。「ボク、お菓子でも食べていきんさい(方言)」。当時は夜でも鍵をかける事が無いような田舎です。人に対しての警戒心とか遠慮とか非常に薄い時代です。私、お菓子と聞いて誘われるままにその家に縁台から上がり込み、その家でお菓子(確か、羊かんのような、そんなモダンなお菓子ではなかったような…)を頂きました。

で、そのおばあさんと一緒にテレビを見ていましたが、そこに映し出されていた映像は、あの有名なアポロ11号月面着陸の映像です。アポロは知っていましたが、なにせ田舎者ですから、そうした情報に疎い。テレビを眺めながら、人類が初めて月に行った、と言う事は分かりましたが、どこか現実味が薄い。よくあれは捏造であるとか話題になりますが、そのこと自体にはあまり興味はありません。ビッグニュースに陰謀説とかは付物ですから。

が、今思うと随分と不思議な光景です。水車小屋のあるド田舎の農家で、知らないおばあさんと一緒にテレビでアポロ11号という当時の技術の粋、SF映画のような月面着陸の映像を眺めていた訳です。このイメージはお伝えしにくいのですが、ある意味、マンマです。言ってみれば、数百年、時間の離れた景色を同時に見ているような…。当然その当時、これは大ニュースで、その後も改めてテレビで見ましたが、あの農家でアポロ11号の最初のニュースを見た光景はいまだに映像のように頭の中に残っています。

それでそれから何年経った頃か、中学生になっていたと思います。床屋さんで髪を切ってもらっている時、気持ちよくなって半分寝ていましたが、テレビでクイズ番組をやっていて、一番正解数の多かった人にはプレゼントという、何の事もない番組でしたが、そのプレゼントが箱に入れられて出てきて、司会者が「さあ、今日のプレゼントは何でしょう」ともったいぶって言います。分かる訳ないですよ、ヒントもないのに。そうやって盛り上げるのでしょうが、「これは多分みんな驚くと思いますよ」という司会者の言葉を聞いた時、ふと半分寝ている頭の中に昔の農家での光景が浮かんで、心の中に「月の石…」という言葉が出てきました。もちろん「なんちゃって…」て気持ちでしたが…。

その中身は月の石を加工した指輪でした。口には出して言っていませんので、証人はいません。しかし、一番驚いたのは自分です。

偶然でしょう。しかし確率からいったら、どれほどのものなのでしょうか。何万分の一…? 世の中の役にも立たない事ですが、驚きの記憶として残っています。別にだからそれを私の予知能力だと言っている訳でも思っている訳でもありません。びっくりしたという経験を言いたいだけです。何の脈絡もない事ですけど…。

ちなみに、あのおばあさんと一緒にアポロ11号のニュースを見た農家ですが、あれ以後、一度もその前を通った記憶がありません。田舎の山道ですから、それほど道の数は多くないのですけど、私はその時どこを通っていたのか、その家の前を再度通った記憶がありません。子供の頃の事ですから、曖昧なのですが、何故か今でもアポロとか月の石とか聞くと、その光景が浮かんできます。

極めて個人的「不思議な感覚」ですが…。

「不思議」を考える編 目次へ



【商品検索】Powered by Amazon

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

■これからギターを始められる方のご参考にでもなれば。
木の音 バナー
「雑学を楽しむ」サイト
テキトー雑学堂 バナー
「花を楽しむ」サイト
花を飾る バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Ureagnak All Rights Reserved.